微酸性電解水

微酸性電解水(微酸性次亜塩素酸水)の安全性、高い除菌効果を発揮していることについて厚生労働省の検証で確認され食品添加物の殺菌料に指定されています。

微酸性電解水(微酸性次亜塩素酸水)の有効塩素濃度は10~80ppmですが、有効塩素濃度が高ければ良いのではなく、低い有効塩素濃度で十分な除菌力を発揮出来ることが大事なことです。微酸性電解水『セフティPLUS α』は、安心して原液でお使いいただける除菌水です。

■下記の水中有効塩素存在比率表が示しているように、微酸性電解水の有効塩素存在率が100%近くに達しています。それだけ除菌効果が高い事を示しております。 pHが低いほど酸性が強くなり、塩素ガスの発生率が高くなります。pHが高くなるとアルカリ性が強くなり、 洗浄力は高くなりますが、除菌効果は低くなります。

微酸性電解水協議会へのリンク

微酸性電解水(微酸性次亜塩素酸水)は、高い除菌効果を発揮すると評価されている除菌液です。一般的に除菌対策で使われている次亜塩素酸ナトリウム水溶液(漂白剤など)の同濃度と比較して、約10倍の除菌効果があると言われております。


微酸性電解水セフティPLUS αは、元々、水に近い性状のために安全性が高く、肌にもやさしく手荒れの心配はありません。ご使用後、機能を果たすとただの水に戻るので環境にもやさしく、安心して原液でお使いいただける除菌水です。手洗い後のスプレー除菌、室内噴霧・消臭による空間除菌で、ウイルスからの感染対策としてお使いいただけます。

注)嗅霧に用いる加湿器は、必ず超音波式加湿器をお使いください。

■食品添加物の殺菌料として認められている次亜塩素酸水は下記の電解水(次亜塩素酸水)です。なお、次亜塩素酸水として認められている有効塩素濃度は10~80ppmです。